産婦人科の看護師の仕事

産婦人科での看護師の仕事内容には、どんなものがあるのでしょうか

産婦人科の看護師の仕事

近年、産婦人科医の不足が叫ばれていますが、同じように産婦人科で働く看護師も不足していると言われています。 男性看護師の活躍が増えている中でも、産婦人科は女性看護師が圧倒的に多い職場です。

患者さんのメインが女性であり、肉体的にも精神的にも非常にデリケートな部分を扱う診療科ですから、やはり女性看護師が必要とされているのでしょう。

産婦人科の看護師の仕事は大きくふたつに分かれると言えます。 ひとつは産科、いわゆる赤ちゃんの誕生に携わる仕事です。 もうひとつは婦人科、女性特有の婦人科系疾患を患う患者さんに対して行う仕事です。

病気の治療がメインである医療現場において、“生”と“死”がまさに隣り合わせにある職場ともいえます。 よって、患者さんへの対応は非常に気を使うものとなります。

妊婦さんや産後直後の女性は、それはそれで精神的に不安定な状態にあることも多いです。 しかし、わが子の誕生、命の誕生という“生”を身近に感じています。 一方で、婦人科にかかる患者の中には命にかかわる状態の人もたくさんいるのです。

それらふたつの相反するものが、同じ空間にいることになります。 外来はもちろんのこと、入院病棟でもそれはとても気を使うでしょう。 そういったケアができるということが、産婦人科で働く看護師には求められる資質です。

また、産科では出産に立ち会うだけでなく、生まれたばかりの赤ちゃんのお世話やお世話の仕方を新米の母親に指導するのも看護師の仕事になります。 母乳マッサージをしたり、授乳指導、赤ちゃんの入浴、着替え、おむつ替え、ミルクなどもしなければなりません。

自身に妊娠、出産、育児の経験があればまだしも、経験のない看護師にとってははじめは戸惑うことも多いでしょう。 それでも生まれたばかりの赤ちゃんに癒されて、頑張れるかもしれませんね。 ハードな仕事ではありますが、女性ならではの気遣いも求められる、大変やりがいのある職場ともいえるでしょう。