看護師が職安(ハローワーク)を利用するデメリットとは?

看護師が転職活動に職安を利用する際に不利な点とは?

看護師が職安(ハローワーク)を利用するデメリットとは?

“転職”や“求人情報”と聞くと、まず浮かぶのが職安(ハローワーク)ですね。 職安(ハローワーク)は行政機関である安心感や、知名度の高さから求人情報が多いのでは? といった期待を抱きがちですが、実際には看護師の転職となるとあまり向かないのかも知れません。

看護師不足が叫ばれる状況ですので、看護師求人は大量にあるのは事実です。 ですので、一見は看護師の国家資格を持つ方に取っては有利に求職できそうなイメージはありますね。

ところが、求人を出す側の医療施設にしてみればそんな状況下で看護師を確保したいあまり、エントリーを募るのに差し支えある内容は隠していたりするのです。

つまり、都合の悪い待遇や給与については書かれていない求人が多く出回っているという事。 せっかく転職先が決まったのに、自分の希望とかけ離れているようでは意味がありませんよね。

求人掲載が無料であればそういった傾向は強く、職安(ハローワーク)での求人情報の質はあまり良いものとは言えないようですね。

職安(ハローワーク)以外でも求人情報の掲載を無料で行っているようなタイプのサイトも同様です。 また、そもそも求人情報の内容が薄く、就職後に希望条件とのギャップに気付くようなケースに陥りやすいようです。

職安(ハローワーク)での転職活動は、冒頭で申し上げたように知名度の高さや安心感があると言った点でメリットが全くないとも言えないのですが、“看護師の”転職活動にはデメリットが目立つようですね。

では、看護師の転職活動でそのようなデメリットが少ない手段はどのようなものがあるのでしょうか?

・看護師紹介会社
 (医療施設の求人情報を独自にリサーチしています)
・ナースセンター
 (「看護師等の人材確保の促進に関する法律」にもとづき、ナースバンク事業等を行っています。)

などを使って転職活動を進めた方がスムーズなのではないでしょうか。

また、看護師転職サイトでより多くの求人情報を収集する事も、より自分の希望にマッチした求人を探す上で損は無いかと思われます。 自分に合った手段で、より効率よく転職活動できるようがんばって下さい。