バイト看護師の幼稚園勤務

バイト看護師としての幼稚園での仕事内容と適正とは?

バイト看護師の幼稚園勤務

最近では、幼稚園ではバイト看護師を常駐させていることが増えてきました。 幼稚園でおこるケガや傷病への対応のほか、保健衛生に関わる情報提供や予防活動なども仕事のひとつです。
助産師のお給料・年収について

近年はアレルギーを持っている子どもや先天性の病気や障害を抱えている子どもも多く、幼稚園の先生だけではなかなかすべてを対応するのが難しくなっています。 そういった背景もあって、幼稚園への看護師の配置が進んでいるようです。

看護師として幼稚園に勤務している人は、やはり子どもが好きな方や子育て経験のある看護師が多いと言えます。 また、子どもだけでなくその保護者と関わることも多いので、コミュニケーション力が高い人が求められていると言えるでしょう。

子どもや保護者向けの、健康や保健に関するたよりをつくったり、掲示物を作ったりといった仕事もあります。 事が起こってから対処するだけでなく、日ごろから自発的に何が起こるかを予想して行動できることが求められているのです。

基本的に、幼稚園での勤務は一人体制のことが少なくありません。 つまり起こりうるさまざまな事態に、すべて対応できる能力が求められます。 もちろん緊急時や重大な事案では、医師や医療機関への連絡や連携が必要です。 そういった判断能力も幼稚園勤務の看護師には求められるといえるでしょう。

こうした能力は、一朝一夕で身につくものではありません。 日々の勉強はもちろんのこと、やはり医療現場での経験が必要となるでしょう。

幼稚園によっては、看護師でなく保健師を募集していたり、保健師の資格も持っていたほうが採用や待遇に有利なことがあります。 さらに、第一種衛生管理者の資格を持っていれば、職員への対応もできるので、より優遇されるかもしれません。

大変なことも多い仕事ですが、やりがいもあり、特に子どもの好きな看護師には人気の仕事です。 今後も需要が増えていく可能性は高いですが、興味のある人は早めに情報収集しておいたほうがよいでしょう。

美容クリニックの看護師として働く

看護師の主な職場といえば、病気に悩んでいる方を支えるところを想像する方が多いでしょう。 ですが、美容クリニックでも看護師が求められているのです。

一言で美容クリニックといっても、美容外科と美容皮膚科の2種類に分かれるため、自分がどちらで働きたいと思っているのかよく考えてみましょう。

昔に比べると美容整形はとても身近で検討しやすいものになりました。 そのため、美容クリニックの必要数も増えているのです。 つまり、そこで働く看護師の需要も拡大しているわけなので、今後はさらにその傾向が強くなっていくと考えられています。

具体的な仕事内容についてご紹介しましょう。 まず、美容外科クリニックで働くことになった場合、外見・肉体への施術を行うことになります。 例えば、脂肪吸引や豊胸、顔のパーツ形成などですね。

このうち、看護師が担当する主な仕事内容は、受け付け業務から始まり具体的なカウンセリング、手術が行われる際の介助、手術で使う医療器具の滅菌と洗浄、採血などとなります。

美容皮膚科の場合はどうなのかというと、こちらもほとんど同じです。 美容クリニックと大きく違うのは、美容皮膚科クリニックの場合は皮膚への施術や治療が担当になるということ。

ニキビや肌荒れに悩む方を対応することもあれば、火傷によってただれてしまった皮膚を治療する仕事を担当することもあるのです。 この他にも、レーザー脱毛やアンチエイジングの目的で美容皮膚科クリニックを訪れる方もいます。

専門的な知識を必要とする手術は医師が行うことになりますが、簡単な施術自体は看護師が行うことも珍しくありません。

どちらの美容クリニックで働くことになったとしてもカウンセリングの担当は看護師という職場も多く、役割は非常に大きいといえるでしょう。

美容クリニックで働くために必要になる資格といえば、看護師資格です。 その他に特別な資格は特に必要ありうません。

注射や点滴、採血といった経験のある方の方が優遇される傾向にありますが、働きながら覚えてくれれば良いというスタンスのところも多いです。

訪問看護師の仕事について

看護師の働き方のひとつに、訪問看護という働き方があります。 訪問看護師が所属するのは病院や診療所、訪問看護ステーションです。

在宅で療養中の看護が必要な方に対し、ご自宅などを直接訪問して看護を行います。

訪問をする際に使う交通手段は徒歩や自転車、自動車、バイクなどとなっていることもあり、この仕事に応募する際には普通自動車免許を必要としているところが多いです。

自動車免許を持っていないという方は、取得することから始めましょう。

具体的な仕事の内容についてですが、これは、非常に多岐にわたります。 まず、体温や脈拍、呼吸、血圧などの測定です。

このほかにも、食事や排泄の介助、排便お世話や薬の管理、精神的なケアなども行います。 それだけでなく、訪問看護では家族に対するアドバイスや指導を行うというのも非常に大切な仕事だといえるでしょう。

訪問看護が必要な家族のいる家庭では、どのように患者さんと接すればいいのかがわからなかったり、悩みを抱えている方もいます。

どういった方がストレスを抱え込まずに済むようにアドバイスをするというのも訪問看護師の仕事です。

訪問看護師になりたいと思っている場合はいくつかの方法があるのですが、まずは求人情報をチェックしてみると良いでしょう。 地域によっては、介護に関する研修を受けなければならないところもあります。

ある程度経験を積んだ方は訪問看護師の認定資格を取得することについても検討してみると良いですね。 こちらは通算で3年以上在宅ケアに関する領域で看護経験を積むことで取得の権利が得られます。

訪問看護師の認定資格を持っていれば転職活動する際にも有利なので、検討してみると良いでしょう。

訪問看護ステーションというのは、看護師が管理者となる施設で、都道府県から指定を受けています。

主治医から指示を受けて看護をするという形が一般的なので、病院で働くのとそれほど大きな違いはないのでは?と思うかもしれませんが、訪問看護ステーションの仕事に応募する際には臨床経験が数年間なけばならないものも多いです。